医学療法士などの専門職について学ぶ近道は専門学校を利用する

Education

適切な技術が必要

整体師になるには

整体師になるには様々な方法があります。というのも、整体は民間療法なので公的な基準がなく、養成についても基準がないので色んな方法で整体師を目指すことができます。 従来であれば、整体の創始者が発案した「野口整体」や、武術などの有段者が「骨法」と呼ばれる技法を応用して整体を行い、それを習得するためにいわゆる「弟子入り」する形がとられていました。現在では、整体師養成のスクールに通うことが整体師になるために最も多くとられる方法です。整体師になるには当然ながら技術を身に付けなければなりません。各スクールでは独自に設けたカリキュラムで整体師の養成が行われています。今も昔も、整体師になるには技術をしっかり身に付けるということが求められることには変わりありません。

地域の健康サポーター

昨今の健康志向とあいまって、整体師という職業を志したい人は増加していくと予測されます。それにともない、整体師になるにはどのようにしたらよいかという情報を求める人も増加していくことと思われます。 先述のとおり、整体師になるには技術をしっかり身に付ける必要があるのに加え、基本的な医学知識や、親身に患者の話を聴く方法などを体得する必要があります。 整体は民間療法でありながら、人々の身近で健康をサポートしている存在です。これからの整体師は、地域に住まう人々の健康をどのようにサポートするかということに着眼することが求められていくとともに、これまでに培われた技術を受け継ぎ、より一層人々の健康増進に寄与することが求められていくことでしょう。